水素水サーバーで健康生活

by 水素水マニア on 2016/04/25

加齢による肌の衰え、筋力や免疫力や体力の低下、骨粗鬆症、動脈硬化や糖尿病などの生活習慣病、痩せにくく太りやすい体質になったなどの体の老化現象を感じ始めたという人は多いのではないでしょうか。

肌の衰えとしては、乾燥、シワ、たるみ、くすみ、シミ、毛穴の開き、ゴワつき、ザラつきなどがあります。筋力や体力が低下すると、疲れやすくなってしまったり頑張りがきかなくなってしまったり少し動いただけで息切れや動悸や頻脈が起こってしまったりします。

骨粗鬆症は加齢により骨がもろくなると起こる疾患です。動脈硬化は高血圧や高脂血症が原因で起こる血管の疾患で、年齢を重ねれば重ねるほど起こるリスクも上がります。

糖尿病は血糖値の急激な上昇が原因となるもので、年齢による代謝不足や運動不足や肥満などが原因となります。筋力が低下すれば基礎代謝量も落ちて消費カロリーが減るため、太りやすく痩せにくい体質になっていきます。

それが肥満や生活習慣病につながることもあります。これらの体の老化現象の最も大きな原因となるのが活性酸素です。

活性酸素は加齢に伴いどんどん増加していくもので、酸化作用で錆びさせることにより体に様々な悪影響を及ぼします。ですので、体の老化を阻止するためにはこの活性酸素を除去することが有効です。

そこでおすすめなのが水素水です。

水素水には強い抗酸化作用があり、酸化を防いで体が錆びて老化していくのを阻止する働きがあります。効果的に活性酸素を除去してくれるのです。

水素水は無味無臭で普通の水と同じなので、毎日の健康習慣として取り入れやすいものです。アルミパウチやアルミ缶などの容器で売られているものもありますが、サーバーを購入して自宅で作ればさらに手軽で取り入れやすいものとなります。

ウォーターサーバーから水を飲むのと同じような感覚で、サーバーから水素水を飲むことができる環境を作ることができます。

家庭用の水素水サーバーの選び方

水素水サーバーの選び方についてですが、いくつかの商品をピックアップしてきちんと比較して購入するのがおすすめです。

いざ我が家に水素水サーバーを導入しようとすると、どんなものを選んだら良いのか分からないことも。家庭用水素水サーバーの選び方のチェック・ポイントを見ていきましょう。

水素水サーバーに使用する水の種類は、ミネラルウォーターと普通の水道水の2種類に分かれます。水道水を使用するものは、浄水器タイプで塩素やその他諸々の成分をろ過してから、水素水を生成するようになっていますので、「水道水をそのまま飲んでしまうことになるの!?」と心配する必要はありません。が、味や品質にこだわりたい! という方はミネラルウォーターを使用するものがいいでしょう。

また、肝心なのはやはり何と言っても水素濃度です。これが濃い方が水素の効果が期待できるのですが、しかし濃ければ濃いほど良い、というわけでもありません。通常の気圧で水素が水に溶け込める量には限りがありますので、だいたい1mmPから1.57ppmがその目安と言われています。1ppm以下のものや、水素濃度の表示のないものはなるべく避けた方がいいでしょう。

そしてもちろん忘れてならないのが、費用の問題です。

費用面では、まずレンタルにするのかそれとも購入するのか、という点があります。購入する場合には本体価格の他に初期設定費用がかかることがあります。レンタルも月々のレンタル料以外に設置費などを請求される場合がありますので、確認しておきましょう。

また、どちらの場合にもどの程度のランニングコストがかかるのか、それを確認しておきましょう。カートリッジの交換や、ミネラルウォーター・タイプの場合には水のお金もかかりますので、それらを考慮して、全体の費用を計算します。レンタルの場合には解約した場合の引き上げ費なども確認しておきましょう。

最後にサーバーのメンテナンスについてです。どこまでメンテナンスしてもらえるのか、それとも全て自分たちでやらなければならないのか、費用はどの程度かかるのか、詳しく話を聞いておくようにしましょう。メンテナンスのための道具を購入しなければならなくなった、などという話もありますので、具体的に聞いておくことをおすすめします。

いつでも新鮮な水素水を家庭で飲んで、健康生活を楽しむ、あなたも自分に合ったサーバーを上手に選んで、活性酸素にさよならしましょう。

この記事の関連リンク

  • 水素水サーバー比較ランキング

    水素水を毎日飲む場合には自宅で水素水を生成できればランニングコストは大幅に下がります。家庭用の水素水生成器である水素水サーバーは人気で沢山の種類が販売されています。人気の水素水サーバーを比較しながら紹介していきます。

    続きはコチラ

この記事へのコメント

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: